専業主婦の在籍確認はどうなるの?

 

土日や祝日に契約審査を行う場合はどうするべきか?

銀行カードローンや消費者金融のカードローンは、契約審査において勤務先への在籍確認が行われます。これは、安定した収入があるかどうかの確認だけでなく、契約者へ連絡が取れる連絡先であるかも確認しています。

しかし、在籍確認は土日や祝日で勤務先が休みだとどうなるか心配です。先ず、銀行カードローンの場合は銀行営業日に審査が行われるため、土日や祝日は審査がストップします。

一方、大手消費者金融の場合、土日や祝日も審査対応をしているため、勤務先に連絡が付かないといったケースが発生してしまいます。そのため、消費者金融のカードローンを契約する際は、社員証や源泉徴収票、給与明細を準備しておくことが重要になります。

在籍確認が出来ないだけで、審査が停滞するだけでなく、契約が出来ないといった可能性を生じさせてしまいます。また、高額な希望額でなければ、借り入れ出来るケースもあり、後日勤務先に在籍確認の電話があるというケースもあります。

そのため、書類の準備が出来なかった場合は、必要最小限の希望額を提示するなど対応が重要になります。

カードローンの一般的な在籍確認方法とはどんな確認なのか?

消費者金融や銀行のカードローンを申し込みたいと思っている人の中には、在籍確認があるというのがとても不安に考えている方も多いと思います。

カードローンの申し込みをすると審査の中に在籍確認を行うケースが殆どとなっているにも関わらず、商品概要や契約の流れにはあまり詳細は書いていない事も更なる不安につながっっているのだと思います。

実際に行われている在籍確認はさほど不安になるような内容ではありませんし、基本的に職場の同僚や上司にカードローンを申し込んだとばれてしまう事はありません。

もちろん銀行名などをいう場合もあるので、勘のするどい人はどう考えるかはわかりませんが、少なくともカードローンの申込みに関しての電話連絡という用件での確認はありませんので安心をして問題はありません。

そもそも在籍確認は、申込者が本当にその企業で働いているかを確認する確認電話になるので、仮に本人が電話に出る事が出来なくても在籍確認が終わっているという事もよくありますし、本人が出ても基本的な確認だけですので特に問題はないといえます。

このように、カードローンの在籍確認は、基本的に特に心配をする内容ではありませんが、それでもどうしても心配だという方は、申し込みの際に電話や店頭で申し込みをするようにして、その時に在籍確認の事に関して内密に連絡をしてほしいと頼んでおけば、友人という事で電話連絡をしてくる事もあります。どちらにしても細心の注意をして連絡をしてくれますので、あまり難しくことはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。