実質年率って何?

当サイトでも頻繁にでてくる「実質年率」ですが、
実質年率とは何なのか?
ここでは実質年率について解説していこうと思います!

実質年率とは?
管理人は以前、実質年率=利息と思っていました(苦笑)。
厳密にいうと、実質年率は利息ではありません(汗)
実質年率とは返済時に支払う利息分だけでなく、
手数料・保証料なども含めた合計の費用、 「年率換算したもの」 のことを指します。
実際に借り入れしたお金の返済額には、
色々な経費等が上積された分を支払っている、ということになるんですね。
ですから、返済金額が実質年率で計算されている場合であれば、
キャッシング業者から返済金額以外に費用などを請求されることもありません。
実質年率が明記されることで、
毎月業者に返済しなければならない最低金額が算出され、
ご自身が返済していく返済金額もはっきりわかるというわけです。
実質年率から毎月々の利息を計算する!
実質年率がわかれば毎月々、
業者に支払わなければならない金額を求めることができます。
例)実質年率18%で50万円借り入れした場合
500,000×18%(実質年率)÷365(日)×30(日)=7,397円

この7,397円がキャッシング業者に返済する最低金額となります。
ただしこの金額はあくまでも「利息等」の返済のみで、
この最低金額は「元本」が含まれていません。
ですから、借り入れしたお金を返済していく時には、
この金額以上の金額を返済していかなければ・・・
いつまで経っても借金はなくなりません、、
ただ実際には各キャッシング業者へ返済する毎月の返済額には、
元本(借金)も含んだ金額が返済額は設定されていますので、
元金が減らないということはありません。
ではなぜ、この話をしたかといいますと、
どうしてもお金が厳しい時は、上記で算出された最低金額、
利息等の分だけ返済する方法があるからです。
注意点としてこの方法で返済する場合、
必ずキャッシング業者に連絡する必要があります。
それからお金がないからといって、
キャッシング業者に連絡せず、返済を滞納することだけは絶対やめましょう!
これは単にブラックリストに載るだけでなく、「遅延損害金」が発生し、
余分な返済額が増えてしまう可能性があるためです。
遅延損害金について
返済期日までにお金を返済しない時に発生するのが、
遅延損害金と呼ばれるものです。
これは借り入れ時の約束通りにお金を返済しないことに対する、
キャッシング業者へ対しての損害賠償金として支払う必要が出てきます。
遅延損害金は、遅延利率と呼ばれる利率で計算されます。
例)借入残高50万円、遅延損害利率20%、60日間返済が遅延した場合
500,000(円)×20%(遅延損害利率)÷365(日)×60(日)=16,438円(※)

上記の場合なら・・・16,438円が遅延損害金として発生します。
遅延損害金は返済期日が延びれば延びるほど増えていきます(泣)
返済期日が延びれば延びるほど、この遅延損害金は増えていきますし、
元本と利息とは別に遅延損害金を支払う必要がありますので、
返済額も増えてしまいますのでもったいないですよね、、
遅延損害金の発生するタイミングはキャッシング業者によって異なります。
ただ原則としては、返済期日を過ぎても返済がなかった時から生じます。
ちなみに事前に振り込みが遅れてしまう、支払えないことがわかっている場合、
その旨をキャッシング業者に伝えておくことで、返済期日を延ばしてもらえることもあります。
しかし、「何も連絡せずに返済日に間に合わなかった」、
「支払いを忘れていた」などの理由で返済期日を過ぎてから連絡した場合、
理由はどうであれ、遅延損害金を求められても文句はいえません。
基本的にキャッシング業者への事後報告は通じません。
事前連絡を徹底しましょう!!

3Sボティクリーム 店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です